「舞ちゃんを救う会」 ドナー見つかり、手術も成功!

待望の、念願の、うれしいアメリカからの知らせでした。

機能の寝る寸前に気付いたので、気分よく眠れましたw

やっぱ“いい知らせ”っていいもんですね~w

皆の温かい想いが、虹の架け橋を作り、舞ちゃんを救うという“”となりました。

無事に日本に帰ってくる事を願い、御協力くださった皆様に感謝します。

ありがとうございました。



まいちゃんに心臓移植を

上記サイトより抜粋(一部を勝手に強調表示してますw)


画像
手術直前の写真です。

画像
手術後の写真です。 良かった!


手術成功しました!

 とびっきりの報告が、飛び込んでまいりました。

 日本時間の5月25日の朝、ドナーが見つかったという知らせが舞ちゃんのもとに届きました。その後、様々な適合検査を経て、同日午後6時ごろより舞ちゃんの移植手術が始まりました。約7時間におよぶ手術は成功し、舞ちゃんは無事に両親の待つ病室へ帰ってまいりました。
 皆様の、舞ちゃんを思ってくださる気持ちが、遠くアメリカの地に届き呼び起こした奇跡だと思います。
 移植医療は、手術自体よりも術後の拒絶反応が心配されるため、しばらくは気の抜けない状態は続きますが、舞ちゃんには皆様のたくさんの応援があるので絶対に大丈夫と確信しております。順調にいけば年内中にも帰国ができると思いますので、どうか今後とも見守っていてあげてください。

 最後になりましたが、ドナーとなってくださった方のご冥福をお祈りするとともに、ご本人・ご家族の勇気ある行動に心よりの感謝と敬意を表します。
 受け継いだ命は、舞ちゃんはもとより、ご両親・ご親族、そして私達みんなで大切にしていくことをお約束します。
 本当にありがとうございました。


代表 吉田浩之







いつも舞を応援いただいてありがとうございます。
 今日は皆さんが待っていた、もちろん私達家族が待ち望んだ嬉しい報告です。
 現地時間の5月24日午後8時11分に、ドナーが見つかったという電話がかかってきました。 一瞬に頭が真っ白に、、、とりあえず先生の話があるまで病院で待機してください。という指示なのですが、え?今何をしていたらいいですか?と聞き返すくらい、頭が真っ白でした。
 舞の血液検査や適合検査、手術の準備、先生からの説明など、まだ確定ではないですし、何時の手術になるかもハッキリしておらず、とりあえず舞と穏やかな時間を過ごしてくださいと言われました。
 そして検査の結果、適合するということで、手術の同意書にサインをし、手術室に午前2時に入ることが決まり、準備が進んでいきました。最終的には先生方の準備等で午前4時半に手術室に入りました。血栓をできにくくする薬の影響で、出血量が心配されましたが、手術中にほとんど連絡はなく、滞りなく順調に手術が進み、当初の予定より早く終わり、25日の午前11時半には病室に帰ってきました。
 先生の説明も出血は少なく、手術はとても上手くいった。新しい心臓も順調に動いているということでした。最も注意が必要な術後6時間、その後12時間、24時間、48時間と段階的に拒絶反応などの怖い期間がありますが、なんとか上手くこのままいってほしいです。写真は手術室に行く前の舞と、無事に病室に帰ってきた舞です。
 ここまで辿り着けたのは、ご支援くださった皆様、救う会の皆様、日本の病院の皆様、アメリカの病院のスタッフの皆様、その他沢山の方々のおかげです。心より感謝いたします。
 そして何よりドナーの方、そのご家族に心から感謝するとともに、心からご冥福をお祈りいたします。愛のプレゼントをありがとうございます。この心臓をこれから私達家族が愛していきます。
 舞、この数ヶ月本当によく頑張ったね。新しい心臓と共に生きていこうね。 あともう少し頑張ろう。真優と貴翔が守ってくれるからきっと大丈夫。元気になって日本に帰れるよ。


西條 秀昭




画像
数日前の写真です。 笑顔^^











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック