「続・アメフラン物語」 -第5章「ギルドの仲間」-

「続・アメフラン物語」 -第5章「ギルドの仲間」-


おかえりー!!!

 ギルド内から温かい声が飛び交った。

 ギルドに帰った4人を迎えたのは、メンバー達の温かい笑顔だった。

 夏美とジュエルは、すぐに笑顔になった。


夏美「ただいま^^

ジュエル「たっだいまー!w


夏美「(…ここが、わたしの帰る場所なんだ。)


 アメはそんな2人を見ていたが、夏美の方を見て、不安な気持ちを感じ取っていた。


 夏美の心には、まだ不安な気持ちがあった。

 こんな私でも、ギルドの人達は受け入れてくれるのだろうかと…。

 町の人達は、果たして受け入れてくれるのだろうかと…。


 アメはそんな夏美の不安を、何とかして取り除いてあげよう思っていた。


アメ「みんなに改めて紹介するよ。うちに新人2人が加わる事になったんだ!


いえーーぃ!!!

 すぐさま歓声があがった。


アメ「まずは、司祭になりたいという、夏美さん!


おおおぉーー!!!

 一斉に歓喜の声援があがった。


 アメは夏美を前に送り出すと共に、自分の胸の前で何やら手を数回動かせ、誰かに合図を送った。

 夏美は、歓声の中、恐る恐る前に出た。


夏美「あ、あのぅ…。


 緊張しているようだった夏美に向けて、誰かが声を掛けた。


クニ「夏美さんこれからもよろしくね~!

   緊張しなくていいんだよ~! 俺達はもう仲間なんだよ~!!」


夏美「っ!!

 その言葉は、夏美の心を大きく動かした。


夏美「(何でこんなにも温かくしてくれるの?…。)

 雨の中、助けを求めて民家を訪ね歩いた記憶が蘇り、夏美はその場に座り込んでしまった。

 夏美は溢れる感情を抑える事さえ忘れ…、

 大粒の涙を流して泣いた。


 アメは夏美の肩にそっと手を置いた。

アメ「大丈夫。もう恐い思いはしなくてもいいんだよ。

   みんながいる。みんなが助けてくれるよ。



 夏美の前には、みんなが集まっていた。


クニ「大丈夫!俺達がついてるじゃないか!

   悩み事があったら何でも言ってね。 俺達は今日から、仲間なんだから。」


 夏美は泣きながら返事した。

夏美「…うん。


レイン「夏美さん、よろしくね^^」

 夏美の横に寄り添ったのは、レインだった。

 そんなレインの頬には、涙がつたっていた。


 夏美は感極まって声には出せずにいたが、ギルドメンバー全員には聞こえていた…。


 夏美の感謝がこもった「ありがとう。」という、心の言葉を。


 後ろで見ていたシェディーは、マスターから教わった言葉を思い出していた。

  「気持ちがこもっていれば、言葉なんていらない時もある。


 シェディーは、涙ぐみ、そして微笑(ほほえ)んでいた。


 ギルド内には、夏美を守るような温かい空気が流れていた。



アメ「みんな~ 2人目いくよー!w

おお~!!w


アメ「召喚士の~、ジュエルさ~ん!

おおおーーー!!!


 一斉に、歓喜の輪が出来上がった。


ジュエル「改めまして、ジュエルですっ^^; 召喚士ですっ!w よろしくおねがいしますっ^^w


よろしくね~~~!!!

 大歓声に混じって、よく響く声が聞こえた。


ほたる「しょしょ、しょーかんしデスッテ―! しょーかんしって何?w しゅーかんしの仲間?w」

レイン「も~w つまんないこと言わないの!w …モンスターを呼び出せるのよ。」


ほたる「へ~。・・・、・・・、・・・ナナ、ナンデスッテー!!! アワワワワワ」

レイン「大丈夫よw 味方には攻撃してこないわよ。」


ほたる「な~んだ。つまんないのw」

レイン「さっきの怯え方は何だったの?w」


ほたる「しょしょ、しょー、りゅー、けん!」

レイン「ごまかしてる・・・w」



爺さん「しょしょ、松ー、竹ー、梅!w」

クニ「オッサンくさいってww」


アメ「あっ! これまた好きそうな人に飛び火したな~w

ジュエル「へ~w


… …。


ほたる「しょしょ、大ー、長ー、老!」

レイン「って “しょ” じゃなくなってるしw」


アメ「また大長老ネタ言ってるしw (こないだちょっと熱く語り過ぎたかw)



爺さん「ショショ、ショー、ロン、ポー!」

クニ「さすがコックw」


ジュエル「誰が止めるんだろ…w



 …、…、…。 (周りの者は、あえて沈黙を演出していたw)


ジュエル「あ、もうネタ切れっぽいww


ほたる「…、…、…。」

爺さん「…、…、…。」


クニとレインは、じーっと2人を見つめているw



ほたる「…、…、しょしょ、しょー、かん、しっ!」


アメ「ぉぃぉぃ、戻って来たよw

ジュエル「戻ってきたね^^w



爺さん「さーみんなで、乾、杯、じゃっ!」

ジュエル「あ、お爺さんの勝ちみたいだねww


アメ「はは^^そうだねw さーみんなで乾杯の準備だー♪


『おおおーーー!!!』

 みんなは嬉しそうに声をあげた。



 シェディーは嬉しそうに笑っていたが、ここでもマスターの言葉を思い出していた。

 「1人の笑顔は皆の笑顔、1人の涙は皆の涙。 共に涙し、共に笑う。 それが、このギルド。


シェディー「はは、今日はトコトンまで行くか~♪


 夜遅くまで宴は続き、皆の声は、常に2人を温かく包んでいた。





満月の夜、月夜に浮かんだのは、友の笑顔だった。

アメは木にもたれかかり、あの時の光景を再び思い返していた…。

シェディーがたまに見せた、あの優しい笑顔を…。





_______________________________________________


【夏美の回想】
 

 宴が終わり、ジュエルと夏美には、2人用の部屋が用意されていた。


ジュエル「今日は色んなことがあったね。

夏美「うん。 わたしね…、今ここに居る事が不思議で仕方ないの。 …何度も、もうダメだって思ったの…。


ジュエル「神様があたし達を助けてくれたんだね。

夏美「うん、きっとそう。 神様が私達を…、そしてアメさん達みんなと逢わせてくれたんだよ。


ジュエル「今日はいい事ばっかりだったな~♪ 今日の運勢が良かったのかな?w

夏美「毎日いい事してれば…、きっと神様が助けてくれるんだよ。


ジュエル「夏美さんって、きっとすぐに魔法が使えるようになると思うよ。

夏美「え?どうして?


ジュエル「だって、夏美さん素直で優しくて、信仰心厚そうだし。

夏美「信仰心って関係するの?


ジュエル「そうだよ。 神様に認めてもらえないと、回復魔法は使えないんだよ~。

夏美「そうだったんだ~。


ジュエル「あたしも召喚魔法、頑張んないとな~w

夏美「…(あの時の召喚獣って何だったんだろう。 …、聞くのは今度にしよう。)


ジュエル「…(夏美さん疲れたのかな?)、夏美さん、それじゃ~おやすみなさい。

夏美「うん。 ジュエルさん、おやすみなさい。



 翌日、そして翌々日と、アメはギルドで生活していく上で大切な事を、2人に伝えた。

 ギルドの事情を説明し、町の商店街へ買い物に行ったり、料理や掃除も一緒にした。

 このギルドでは、共に助け合うという事が、最も大切である事を伝えた。

 そう、メンバー全員が、家族であるかのように。


 そして、次の日の夕刻…、ギルドマスターが帰ってきた。


マスター「ただいま~。」

ジュエル「あっ! おかえりなさ~い^^ノ

 ジュエルは真っ先に、マスターを出迎えた。


夏美「お疲れさまでした。 先日はどうも、ありがとうございました。

 夏美はどんな時でも礼儀正しく、綺麗な姿勢で言葉を交わすのだった。

 その姿はまるで、精霊のように神々しい雰囲気を持っていた。


マスター「おぉ~、2人とも元気そうだな^^」

アメ「マスター、2人に早速、面接をw


クニ「出たよw 面接ww」

シェディー「めめめめ、面接ですってーw んじゃオレも一緒に~w

クニ「なんでお前がww」


マスター「いや、面接はせん。 今から、契約の準備に取り掛かろう。」

アメ「え?今から?w

シェディー「なんと!w


ジュエル「なんだか緊張するな~w ドキドキ^^;

夏美「大丈夫よ。


マスター「2人とも、職業はもう決まっておるか?」

ジュエル「はい。あたしは、既に召喚士です^^;


マスター「おお~これはめずらしい。」

夏美「わたしは…、マスターと同じ、司祭になりたいです!


マスター「うむ…。 …良かろう。 君には充分にその資質が備わっておるようだ。」

 マスターは、最初に夏美に逢った時から、その内に秘められし能力を見抜いていた。


夏美「ほんとですか!

マスター「少し休憩してから、地下にある契約の間へ行こう。」

夏美「はい^^

 マスターは、椅子に腰かけると、間もなく夏美がやってきた。


夏美「失礼します。 マスター、お疲れさまでした。

 夏美は、マスターに飲み物を持ってきた。


マスター「おおぅ、気がきくのぉ。」

夏美「それでは、失礼しました。


マスター「しかし、彼女達の笑顔はじつに自然だ。 ここでの生活が心から楽しいのだな。」

 アメは、あれからの事を全てマスターに話した。



マスター「そうか…。 そんな事があったのか。」

 シェディーがクエストから帰ってきた。

 夏美とジュエルが出迎え、楽しく談笑していたシェディーだが、マスターの存在に気付くと…。


シェディー「マスター! おかえりなさい!

 シェディーは素早くマスターへ近づき、片膝をつき首(こうべ)を垂れた。


マスター「相変わらずだな。 もっと気楽にしていいぞ。」

シェディー「いえ、マスターの御恩は一生忘れません。

 シェディーは、忠義を大切にする男だった。


マスター「ふふ、まあよい。 アメから話は聞いたぞ。 顔を上げてくれい。」

 シェディーはマスターの顔を見上げ、

シェディー「夏美さん達の事でしょうか?


マスター「そうじゃ、今回はお主の働きが大きいとアメは言っていた。 本当に良くやってくれた。

      彼女たちのあの笑顔を見れば、お主の明るさが彼女達を救っていたのは明白。

      心から感謝する。 ありがとう。」


シェディー「…もったいない御言葉にございます。

 シェディーは、再び首を垂れた。


マスター「これからも、2人をよろしく頼むぞ。」

シェディー「はい! 仰(おお)せのままに。

 シェディーは顔を上げ、元気よくマスターに誓った。



ジュエル「シェディーさんって、じつはカッコいいんだね~www

アメ「なぜか受けてるww


クニ「ギャップがある男ってのは、女子には好印象なんだぞ~、アメ。」

アメ「そうなんだ~、…φ(..)メモメモ


夏美「いつもあんな感じなの? マスターとシェディーさんって。

クニ「うん、そうだね^^ シェディーはマスターには頭が上がらないんだ。」

   「ボソボソ(何せ、命の恩人だから。)」

 クニは、声をひそめて言った。


クニ「普通にしゃべると、アイツに聞こえちまうんだよなw 鼻と耳いいからアイツw」

夏美「へ~、詳しく教えてもらえませんか?

 クニは、こっそり夏美にささやいた。


クニ「まあ、簡単に言うと、病気だった母親の手術代を、会ったばかりのシェディーにあげたんだよ。」

夏美「え?


クニ「シェディーは“このまま逃げるかもしんないぞ”って言ったけど、

   マスターは“お前の母さんが助かるなら、それでいいじゃないか”

   “それに、君の目を見れば、嘘じゃない事は分かる” って言ったそうなんだ。」


夏美「…マスターって、やっぱり。 思ってた通りのすごい人だったんですね。


クニ「うん、すごいよ。 洞察力がすごいというか…、なんでも御見通しなんだよ。」

夏美「憧れちゃうな~。


アメ「夏美さん、そろそろ準備しようか。

夏美「はい。


アメ「ジュエルさんとシェディーも一緒に来て欲しいそうだ。

 こうして、マスター以下5人は、夏美の“司祭の契約”を取り行うべく、地下室への階段を降りていった。

 “契約の間”は、地下室の最奥にある、隠し部屋で行われた。


 部屋には大小二つの魔方陣が並んでいた。

 マスターは夏美を大きい方の魔方陣へと案内し、夏美を仰向けに寝かせ両手を胸の上で組ませた。

 そして、自分はもう一つの小さい魔方陣の上に立った。


マスター「少し長くなりそうだ。皆は座って見てなさい。」

 3人は返事をして、マスターの向かいに当たる壁際に移動し、その場に腰掛けた。


マスター「では参るぞ。」

夏美「はい。


マスター「まず、リラックスしたまま、ずっと天井を見てなさい。

      途中で眠くなるから、そのまま眠りを受け入れなさい。

      目が覚めたら、契約は完了となる。 では、よろしいかな?」


夏美「はい。


 マスターは魔方陣の封印を解くため、鍵である“呪文”を唱え始めた。


アメ「おやじ、大丈夫かな…。(マスターの様子がいつもと何か違う。)

 アメは何やら違和感を感じていた。



 契約の儀式は、1時間近くにまで及び、

 そして、夏美は目覚めた。



 夏美は、しばらく放心状態になっていた。

ジュエル「夏美さん大丈夫~~~?><;

 ジュエルが駆け寄った。

 夏美はゆっくりと上半身を起こし、ジュエルは背中に手を添え、起こすのを手伝った。


 アメは結果が気になり、“儀式は無事に成功したのか?” マスターに聞こうとしたが、

 マスターは疲れ果て、その場に倒れ込んでしまった。


アメ「おいっおやじっ!!」  シェディー「マスターッ!!

 アメとシェディーはすぐさま、マスターに駆け寄った。


マスター「少し休むわい。」

 そう言うと、その場で眠り込んでしまった。

 一体どれほどの精神力を使ったというのか?


 アメはいつも一緒に立ち会うので、いつもの“契約の儀式”と明らかに違っていた事に気付いていた。

 アメとシェディーは、マスターの腕を肩にまわし、近くのベッドに運んで寝かせた。


アメ「今回だけ、えらく時間掛かったな…。

シェディー「どういう事なんだ…、長旅の疲れなのか? それとも御高齢だからか?


アメ「…、それより夏美さんが心配だ。

シェディー「おう。
 
 二人が部屋に入ると、夏美は通常の意識に戻っていた。


ジュエル「マスターは大丈夫なの?

アメ「うん、大丈夫。疲れて寝てるだけだよ。


ジュエル「あ~良かった~^^;

夏美「良かった~


アメ「夏美さんは大丈夫?

夏美「わたし…、夢見てた。 夢の中に色んな人が出てきた。


アメ「どんな夢だったか覚えてる?

夏美「うん。 マスターがいて、あと、若い女の人と…、知らないお爺さんやお婆さん…、みんなエルフだった。


アメ「ごめん、そうだったのか。 それじゃあ、夢の中でどんな事したの?

夏美「色んな魔法を教えてくれたけど、全然わからなくて、覚えていられなかった。


アメ「マスターも魔法を教えてくれたの?

夏美「うん。たぶん。 でも、はっきり思い出せない…。 何でだろ?


シェディー「おいアメ。…マスターは、夏美さんに何を?

アメ「…わからない。 マスターが目覚めてから聞こう。


夏美「(でも、あの若い女の人…、お母さんに似てたような…。)



_______________________________________________




アメ「(マスターが意識的に魅せた術だとすると、それはマスター自身の記憶にある人物…。)

   (若い女性……! もしかすると、夏美さんって…。)

   (夏美さんのお父さんは、生まれてすぐに里を出て行ったというし…。)

   (それじゃ~、ボクはマスターの…。)



シェディー「(…ん? 2人とも考え込んで…、どうしたんだろう?)

 シェディーはその場の空気を読み取り…。

シェディー「…しっかし、長かったね~ジュエルさんw

ジュエル「うん…、退屈しちゃった^^; あっw


シェディー「だよね~w もうオレなんかトイレに行きたくてどうしようかとww

ジュエル「じゃ~早く行ってきなよ~ww


シェディー「じゃ~ ジャー、ジャ~~、…行ってきまーっすww

ジュエル「・・・


シェディー「モーレールーw

ジュエル「いいから早くってば~w


シェディー「は~いw

ジュエル「んも~うww

 シェディーは部屋を出ると、歩きながら考えていた。

 マスターとアメ、それに夏美の過去を…。



 数時間後、マスターは目覚めたが、アメの質問には…、



マスター「わしはただ、契約の儀式をしただけ…、

      疲れと衰え、それに彼女の資質の高さで、だいぶ時間が掛かったがな。」


 素質の高そうな連中を何度も契約させてきたマスターだが、今までに今回ほどの時間は掛からなかった。

 それに、なぜ帰ってすぐに契約の儀式をやったのかも疑問に思っていた。

 アメは納得できず、マスターを問い詰めた。


アメ「なら、なんで疲れてるのに、帰って早々に儀式を?

マスター「わしもいつ死ぬかわからんからなw

      それに資質の高いもんは、出来るだけ早く契約しとけば成長も早いからな。」


 アメは納得いかない表情だった…。なぜ本当の訳を教えてくれないのか?

 なぜ隠す必要があるのか?


 結局、真意が分からぬままだったが、夏美の契約の儀式は、無事に成功した。



 それから数年が経ち…、現在。



おかえり~

 そこはギルド「オルケスタ」の入口。

 ジュエルは、なぜか外にいたオルケスタメンバー2人に声を掛けられた。

 シェディーは「マスターが気になる」と言い残し、ジュエルを置いてマスターの元へ馬を走らせていた。


アラオ「早かったんだね~、もう真っ暗だけどw」

デスペラード「おこんばんです~^^」


ジュエル「こんばんわ~w ・・・

 ジュエルは2人の風貌、シチュエーションを見て、唖然としていたw


ジュエル「…なんでこんなとこ(道の真ん中w)にいるの?w


アラオ「“ストリート好き”なもんでw」

デスペラード「“仮面好き”なもんでw」

ジュエル「・・・ “道着好き”だからじゃないんだ?w


デスペラード「道着はオプションです!w」

ジュエル「・・・ どっちも良く分かんないんだけど~w

      あの~そんな事よりww マスターに謁見したいのですが、こももさんの事で^^;



デスペラード「そそそそ、そんな事!ww」

アラオ「言われてますぞw Dさんw」


デスペラード「You win! Perfect!!」

アラオ「Sha---!!」


ジュエル「・・・ 良く分かんないw


デスペラード「さぁさぁ、マスターはおそらく2階にいますよ。 どぞどぞ。」

ジュエル「ありがと^^

 怪しい格好のDさんの案内で、オルケスタのマスターと謁見したジュエルは、事の次第を説明した。


オルケ・マスター「ふむふむ、そういう事か…。ならば、急ぎ増援を出そう。」

           「こももは大丈夫じゃろうが、夏美さんが心配じゃw …あ、アメもじゃよw」


ジュエル「あ、はい^^; (こももさんは心配してないんだ…w)

 マスターは立ち上がり、ジュエルを連れて1階へと降りた。


 マスターはメンバーに事情を説明し、増援メンバーを発表した。


オルケ・マスター「まず、こももと夏美さん、それに負傷したアメの捜索には、

           ノーマ、アラオ、ミント、ひなた。

           この4名で行ってもらう。 馬は2頭で行ってくれ。

           手掛かりは、“アメは足を負傷し、炭鉱村から伸びる川沿いを馬で下っている”という事だけ。

           魔法での明かりは禁止とする。 追手に見つかる危険性があるからじゃ。

           ではノーマ、あとは頼んだぞ。」


ノーマ「はい! わかりマスタ!」

    「ぅんだばみんなぁ! ずんび(準備ねw)すっだべさ~っ!」


アラオ「ぅんだば~!」

ミント「ずんびずんび~♪」

ひなた「だべさだべさ~♪w」


ジュエル「さっすがオルケスタ。 …どんなにつまんなくても、合わすのがお上手w^^;


デスペラード「ぷぷw つまんないってさw」

ノーマ「なんだとー!w …こないだ素の方がオモロイって言われたのに~w」


デスペラード「どっちでもつまんない… ぷぷw」

ノーマ「ずんびがあるから、あんまりいじらねえで区ダセエw」



オルケ・マスター「コホン=3w え~そして~、ギルド“カイト・キャッツ”への増援には~!

           テネシー、コヴァ、ハニー、麗奈。

           こちらについては急を要す! 急ぎ準備して出発だ!

           わしもジュエルさんと一緒に行こう!

           “留守番”組には、馬を3頭用意してきてもらおう。」


テネシー「よし! すぐに準備しよう! 時間が無い!」

コヴァ「よし! 急ごう!」

麗奈「よし! 行くか!」


デスペラード「よしっ! 幾三っ! …あっ!オレ“留守番”組かw」

えれ「ちょっ! …あ、わたしもかw」

丹波「んじゃ~3人でお馬さん連れてきますか~♪」

 マスターもさすがに状況を察し、…裸足でグローブをはめた仮面の男は、留守番としたw


デスペラード「みんな、あえて“幾三”は総スルーなのね…w」


ハニー「なんかみんな気合い入ってるな~w この歴代リーダーズめーw」

麗奈「あ、それアメさんの言い方w あっし達向こうのがいいんじゃないの?w」


ハニー「マスターは感情と冷静さを秤(はかり)にかけて選んだんだよ~。…たぶんw」

麗奈「んだんだw こっちは気合入りすぎだもんねw 約3人がw」


ハニー「って“約”いらないからw 3人っ!w」

麗奈「も~ 遠慮せずに気合い入れてこ~よ~w」


ミント「ぅんだば、こちとらお先に行ってきやすね~」

ひなた「みぃーつぅー」

アラオ「ノーマ置いてくぞーw」


ノーマ「お、置いてかないでーw まままま、まてやぁー!」

ひなた「アメさんの寝顔まてやぁー!」

ミント「寝顔まてやぁーw (ん?なんで寝顔?w)」

アラオ「まてやぁー!」


ジュエル「あ、シェディさんマネが連鎖してるw^^;

ノーマ「にゃろまてーぃw」


ジュエル「あ、アメさんも入ったw …最近、アメさんそれ言わないな~。。。

オルケ・マスター「大丈夫。 明るい未来を取り戻せば、きっとまた言ってくれるよ。」

 マスターはジュエルの肩を、そっと叩いた。


麗奈「ずんびバンタン!」

テネシー「デワ、イキマスカ!」

コヴァ「イカレマスカ!」

ハニー「っしゃ!いこうっ!」


麗奈「よしっ! みんないい感じの気合い乗りですよっ! マスターw」

オルケ・マスター「よしよし。 頼もしいわい^^ でわ助さん角さん、参りますかっ!?」

テネシー「あいさー!」

コヴァ「こいさー!」

麗奈「どっこいさー!」


ハニー「ハイでたw オヤジギャグw リーダーズめーw」

ジュエル「あ、またアメさんw マスターまでこんなだとはww


麗奈「ん?ジュエルさん今なんて?w “こんな”ですって?w」

ジュエル「あ、いえw なんにも言ってませんw (耳いいな~ww これは不用意にしゃべっちゃダメだな~w)

      …でも、このギルドも楽しそうだな~w ぼそっ(ちょっとカオス気味だけどww)



麗奈「え?ジュエルさん、なんか今“カオス”って聴こえたような?w」

ジュエル「いえw ひとり言ですw^^;

麗奈「すごい汗w、大丈夫かな?この子w」


 こうして、カオスな雰囲気のオルケスタのメンバーと共に、ジュエルはカイト・キャッツへと向かった。

 ジュエルは道中も思っていた…「早く行きたかったんだけどな~ww



一方、カイト・キャッツ前に着いたシェディーは…、

シェディー「(マスター…。)

 ギルドの手前で馬から降りたシェディーは、様子をうかがいながらギルドの正面玄関に近づいて行った。

 中はいつもの様子と変わりはないようだった。


シェディー「ただいまー!

爺さん「お~、おかえり~。 ってこんな早く帰ってきて…? クエストはどうしたんだい?」

 厨房から爺さんが出てきて言った。


シェディー「マスターは?

爺さん「あぁ、部屋にいるはず…。クニとほたるが見とるんじゃないかのぅ?」

 シェディーはそれを聞くと、急いで2階へ駆け上がった。

爺さん「まったく、せっかちじゃの~ぉw」

 爺さんは再び厨房に入り、晩御飯の準備をした。



コンコン=3=3

 シェディーはマスターの部屋をノックしたが、中からは返事も物音一つも聞こえてこなかった。

 寝ているのかと思い、ドアをゆっくり開け中の様子を覗き見ると…、

 ベッドの上に、マスターの姿は無かった。


 シェディーは部屋に駆け込み、マスターを探した。

シェディー「マスター!?

 呼んでも返事が聞こえてこない。

 遅れて厨房で爺さんをを手伝っていたレインが、部屋に入ってきた。

レイン「シェディーさんおかえり~、どうかしたの? 急いでたけど。」


シェディー「いない。

レイン「え?!」


シェディー「マスターがどこにもいないんだ!

レイン「いつ出て行ったのかしら?」


シェディー「トイレか? クンクン(-ωー)

レイン「も~w わたし見てくるw」

 シェディーはこういう状況であっても、女性といる時は“三枚目”に振る舞う癖があった。


 だが、シェディーは不安だった。

 なにか手掛かりが有るはずだと、辺りを見渡した。

 机の上、引き出しの中、枕の下、ベッドの下…。


 そこへ、レインが走ってきた。

レイン「マスターがどこにもいないの! トイレにも、他の部屋にも!」

シェディー「あのお体で一体どこへ? もしかしてアメを追って?


レイン「うーうん。 晩御飯の準備をする前は看病してたから…、それにもう真っ暗なのに無理よ。」

シェディー「でもマスターなら行くかもな~。


レイン「あれ? そーいえば、クニさんとほたる君がいない!?」

シェディー「あいつら、こんな時にどこ行ったんだ!?


シェディー「マスターの行き先…、(ナンパ? いやいやオレじゃあるまいし…w)、…地下室、…オルケスタ。

レイン「わたし見て来ようか?」


シェディー「いや、オレが行くよ。 レインさんは爺さんと一緒にいて。

レイン「わかった。」


 シェディーは地下室に降り、契約の間も覗いたが、人の気配は無かった。

 そして、オルケスタへ戻ろうと、庭で待たせていた馬に近づこうとした時、


ほたる「おーい!」

 遠くから聞こえてきたのは、ほたるの声だった。


シェディー「一体どうした?

ほたる「マスターがピンチなんだ!」

シェディー「なにっ!! おいっ! どこなんだ!?

 シェディーの迫力に驚き、ほたるは戸惑いながらも答えた。


ほたる「あ、案内するよ。 クニさんがそこで様子をうかがってるんだ。」

シェディー「馬で行くぞ! 乗れ!

ほたる「うん。」

 2人の声を聞いて、レインがギルドを飛び出してきた。



シェディー「レインさん! マスターのところへ行ってくる! だから、ギルドを頼む!

レイン「え? 場所はどこ?」


ほたる「ウェスタン大通りの路地裏だよ。」

シェディー「分岐に馬を置いてく! もしジュエルさんと増援が来たら、部隊の半分でこっちに来て!

レイン「分かった~! 気を付けてね~!」

 レインはあえて聞かなかったが、あのシェディーの慌てぶりを見て、ことの重大性を察した。


 しかし、今のギルドには2人しか残っていない…、ギルドの防衛は不安だった。


レイン「も~、あの3人は一体どこ行ったのよ~。 早く帰ってきてよ~><」



 レインの言う3人とは…? 次回につづく。




GARNET CROW - Fill Away






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック